Right Now

It’s 16:00 in and we're talking to to property managers and owners about their relationship with online travel agents
  • Image:
It’s 14:00 in and we are in Bogotá visiting people in their homes to understand how falling sick with cold and flu impacts their lives
    It’s 12:00 in and we're examining women's attitudes towards skincare
      It’s 17:00 in and we're decoding selfie culture
        It’s 20:00 in and we're exploring the role of VR on mobile phones
          It’s 19:00 in and we’re in Milan exploring feelings about pasta made with non-traditional types of flour
            19 / 12 / 16

            Flamingo Tokyo hosts third Cultural Salon, “Brands Across Borders”

            • Japan likes to see itself as ‘uniquely unique’. The reality, however, is that there is a growing flow of capital – and culture – in and out of the country. Partly as a hedge against the slowdown in China, Japan is back on the agenda for multinationals. Meanwhile, outbound investment continues to grow, with recent years witnessing major international expansion from Aeon, Softbank, Suntory, Mitsubishi, Shiseido and others.

              Inspired by this dynamic flow, Flamingo Tokyo hosted ‘Brand Across Borders’ – its third cultural salon on 30th November. Three guest speakers shared their thoughts and experiences with a crowd of 60 Tokyo-based branding thought leaders: John Woodward (Chief Strategy Officer, McCann Worldgroup Japan); Masahiko Furuta (Global Design ASICS); and Ryan Takeshita (Chief Editor of the Huffington Post Japan).

              Presentations and discussions focused on the rewards of international brand building beyond financial growth, what Japanese businesses need to learn from the world, and also what multi-nationals can learn from the way brands are built in Japan.

              Click here for a summary of the evening's key takeaways.

              日本人は日本市場が独特であると自負することがあるが、実際のところ様々な文化や資産が流出、流入しているのが現実である。中国経済の停滞に対するリスク対策という見方もあるが、いずれにせよ日本がマーケットとしてが海外のグローバル企業から注視されていることは事実と言えよう。一方でイオン、ソフトバンク、サントリー、三菱、資生堂などの日本企業の国外投資が増加し続けているのも事実である。

              このような国内外の活発な動きを受け、フラミンゴ東京はBrand Across Bordersというテーマで、11月30日に、3回目となるカルチャーフォーラムを主催した。マッキャンワールドグループジャパンのチーフ・ストラテジー・オフィサーであるJohn Woodward氏、アシックスのグローバルデザインから古田雅彦氏、そしてハフィントンポスト・ジャパンのチーフエディターの竹下隆一郎氏をゲストスピーカーとして迎え 60名程の招待客とディスカッションが行われた。

              各スピーカーからのプレゼンテーション、ディスカッションでの論点の中心となったのは、経済的な成長に限らない、包括的なグローバル・ブランド・ビルディングのメリット。また、日本企業が海外企業から学ぶ余地のあること、反対に日本に参入する海外のグローバル企業が日本流のブランドビルディングからなにを学べるか、ということに焦点が当たった。

              このフォーラムでのキー・ラーニングはこちらから。